アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ヴィオラ弾きのひとりごと
ブログ紹介
かってきままに、気になったことを
紹介するブログです。
zoom RSS

「コンサルタントの『質問力』」

2009/10/21 00:51
ざっくり言うと、
優れた質問をするには
「仮説力」「本質力」「シナリオ力」が必要ってこと。
知ってはいるが忘れてた事、
実践できていなかった事を気付かせてくれました。

例えば以下の事です。
・徹底した事前準備
会議や打ち合わせに出席する場合や、
顧客に提案を行う場合に、最近準備不足だったかもしれません。
慣れや、誰かが準備するだろうという考えがあったのだと思います。
準備不足の人間は、隠してても周りの人にはバレるものです。
初心を忘るるべからずですね。

・言葉のひげ
これも改めて考えてみるとよくありますね。
言葉のひげが多いと、自信がないように見え、
説得力に欠けてしまうんですよね。
知らず知らずに出てしまうものだから、要注意です。

・語彙力
これも質問力、説得力に直接影響します。
語彙力を増やすためには調べた事を記録するのが一番であり、
記入式の単語帳が便利です。
仕事、新聞、本、ネットでわからない単語に出会ったら、
その都度単語帳を利用することをオススメします。

・フレームワーク思考
ここではSWOT分析や4P分析などを引き合いに出していますが、
これは重要ですね。
周りが見えなくなってくると視野が狭くなって、
これら分析ができなくなってきます。
今の時代、営業マンだから販売だけしてれば良い、
設計者だから技術しか興味ないという時代ではなくなっており、
全員がこういう分析をできないと勝ち残っていけません。


繰り返しになりますが、判ってることも多いが、忘れてたこと、
できていなかったことを気付かせてくれた本です。

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「西田博 還暦を祝う特別コンサート」について

2009/10/14 07:04
10/11に「西田博 還暦を祝う特別コンサート」
(オーケストラはEnsemble Archi(以下アルキ))を見に行ってきました。
演奏会を見に行くこと自体、かなり久しぶりです。

アルキの演奏会は初めて見たのですが、音が綺麗で、
アンサンブルとしてまとまっていて、相当レベルが高いです。
しかも熱い!
どこのパートが上手いとかじゃなく、バランスも素晴らしかった。

どの曲も素晴らしかったのですが、
その中でも特に「バッハの2つのバイオリンのための協奏曲」は、
とてつもなく気合いが込もった熱演でした。
気合いの入ったプロの演奏会は、あまり見ることがないので、
非常に良かったです。
ソリスト二人の掛け合いも素晴らしい。
音色というか、音質というか、キャラクターの違う二人の
掛け合いは聞き応え十分でした。

アンコールを3曲演奏した後、温かい演出がありました。
西田先生恒例のアンコール曲「チャールダッシュ」を演奏した後でした。
先生が退場しようとした正にその時です。
拍手が鳴りやまないうちにハッピーバースデーの演奏が始まり、
先生にプレゼントを渡す演出です。
西田先生は驚いていた様子だったので、完全なサプライズかと。
これは本当に珍しいです。
と言うか初めて見ました。今後も見ることはないかと。
指揮者とオケがここまで信頼関係を築いているなんて、
なんと素晴らしいことでしょうか。
こんな環境で弾いてみたいものです。理想的ですよね。

アンサンブルアルキの次回定期演奏会を見に行きたくなる演奏会でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北海道の駅

2009/09/30 21:52
北海道の無人駅ってすごいです。
無人駅サイトへのリンク

いかにもお化けが出そうというか、鉄道員(ぽっぽや)というか・・・

実際、電車の機器条件としては-35℃〜+35℃の動作保障が必要とか
あるらしいです。

また、吹雪や地吹雪もすごいらしく、こういう北海道への納入機器については、
雪害対策も要検討ですね。
吹雪の説明

機器納入は雪が降る前にってことをよく聞きますが、
あながち嘘でもないようです。



〜〜〜宣伝〜〜〜
お勧め健康食品の専門通販

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミラクルスプリング

2009/09/27 20:51
奇跡の水です。
最近気になってます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


竹中式マトリクス勉強法

2008/11/17 23:13
とても読みやすそうな本。
気になります。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


伝える力  〜 アサーティブ 「自己主張」の技術 〜

2008/11/17 21:47
今日会社で打ち合わせがあったのだけど、
とある上司が部下に、厳しい言葉を
浴びせていました。

ボクは以前までは、「仕事であり給料を貰って働いているわけだから、
言われた仕事はやって当然でしょ?
言う側と言われた側に信頼関係は必要無く、
依頼内容が妥当なものであれば、
拒否する権利等ない。」と思ってました。
この本を読むまでは。

それは「アサーティブ 『自己主張』の技術」という本です。
この本は伝えるということに一番重要なのはWIN-WINの関係を築くことと
いうことを教えてくれます。

この本を読んだ後に思い返してみると、今までで仕事が捗ったのは、
「やって当然でしょ?」と思ってこなした仕事よりも、
「WIN-WINの関係を築いた時」と気づきました。

この本は新書であり、女性が書いている本だからでしょうか、
非常に読みやすく分かりやすいものになっています。

途中のケーススタディは微妙ですが、
一般論に関しては納得のいく内容です。

万人にお勧めする良書です。
一度読んでみて、仕事で実践してみるのが良いと思います。
(私生活でも十分活用できますよ。)





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風来のシレン2 DS

2008/11/15 21:39
シレン2、超やりたい
でも、やる暇ないしなぁ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「手帳ブログのススメ」

2008/11/15 19:27
とりあえず、今読みたい本は「手帳ブログのススメ」




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブログ開設

2008/11/15 19:20
久しぶりにブログを更新。
これからよろしくです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

ヴィオラ弾きのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる